スタッフブログ

POD リアルタイム自動検品機能

先日、ここに書きましたリアルタイム自動検品機能の実例をご紹介します。

リアルタイム自動検品機能

登録されたOKシート(プルーフ画像)と比較し、汚れやイメージ欠けを検知します。

検知されたページはパージトレイから排紙され、すぐにリカバリー印刷をおこなうため、ページの狂いもなく印刷を行います。

粉体トナー式のデジタル印刷機の場合、その構造上1%程度の汚れなどの不良が発生します。

これを、自動で比較検査にかけてはじき出す機構です。

これにより、より安定したPODによる印刷物のご提供が可能となります。

現物を御覧になりたい方はお気軽にお問い合わせください。

 

実際に検出された事例は以下を御覧ください。

 

                                            

 

keyboard_arrow_up