スタッフブログ

サンプル品解説 2

前回に続き、展示スペースに展示してありますTruePressJet1600 UV-F2印刷サンプルを紹介していきたいと思います。

■名刺入れ(アルミ)
印刷設定:ファインアートモード
刷り順:4色
一言:金属への印刷になりますのでプライマーで下地処理行い、インクの定着が良くなる様(※)ファインアートモードで印刷行っています。
※ファインアートモードはインクの粒の大きさが小さく、インクの基材に触れる表面積が増える為密着性がよくなります。
DSC_0374.jpg

■名刺入れ(革)
印刷設定:標準モード
刷り順:クリアインク(マット調)を複数回重ねています。
一言:素材の色味が生き、盛り上げの影が印字の輪郭を際立たせています。
DSC_0372.jpg

■メガネケース
印刷設定:標準モード
刷り順:ホワイトベタ→4色
一言:縁はテープでマスクして印刷しています。
DSC_0376.jpg

■ブックカバー(麻布製既製品)
印刷設定:標準モード
刷り順:ホワイト×4回→4色×5回
一言:麻など目の粗い布の場合インクが抜け意図した濃度が得られないこともあります。刷り重ねて濃度を出そう津すると布の毛羽立ち部分へのインク付着が目立ちザラッとした手触りになります。他の布(綿やシャワーカーテンに用いられるナイロンなど)では印刷1回でもよい仕上がりが得られたのですが、基材特性の要因が大きかったかもしれません。
ブックカバー麻

■瓶
印刷設定:標準モード
刷り順:ホワイト
一言:曲面への印刷はヘッド間との距離に差異がうまれる為、機械にとって苦手な分野ですが、ボケることなく刷れました。
DSC_0382.jpg

サンプル品のストックがたまりましたら、また紹介していきたいと思います。

keyboard_arrow_up