スタッフブログ

環境管理

今回は印刷工場の環境についてお話ししたいと思います。
室温、湿度、紙、インキ、湿し水・機械調整etc・・・
印刷に於ける変動要素はたくさんあります。
その一つ一つの問題をクリアして高品質な製品をお客様にお届けすることが印刷現場の仕事と考えています。

とりあえず室温・湿度ですが…

弊社では室温24℃±5℃、湿度55%±5%を目標にしています。

当たり前の事ですが湿度が高すぎると紙の波打ちの原因になりますし、逆に低すぎれば静電気などのトラブルの原因になります。
温度の上昇によるインキの軟化、それに伴う乳化→裏移りのトラブルも考えられます。(乳化の問題は室温だけではないのですが)

工場では1日2回環境記録を記入することで温度、湿度の記録を行っています。

とはいえ一日で印刷品質に影響が出るほどの変動は考え難く、記録をつけることでスタッフ全員が「環境」と言うものに関心を持ち、よりよい品質のものを作るという目的をもっています。

紙にインキを乗せて、ある一定の品質を作り上げる事は、乱暴な言い方をすれば誰でもできます。

いま、自分がどのような環境・状態で製品を作っているのかという意識を持って仕事をすることが大事ではないかと思います。

N.Y

keyboard_arrow_up