スタッフブログ

校正用カンプ出力

弊社では、制作途中の確認用途の場合を除き、製版に入った段階での校正用カンプ出力/校正用PDFの作成をする際にはRIPにて演算したデータからの出力を基本としています。

RIPとはRaster Image Processorの略で、DTPで作成したデータを、各種出力のために出力機の出力解像度にあわせて最終的にビットマップデータに変換する仕組みです。
またはその仕組み全体を指してRIPと呼ばれます。
RIPで行われる処理を簡単にあげると、入力されたデータの解析、RIPの中間データへの変換、そして最終的にスクリーニング(網掛け)処理などを行います。

実際に印刷にまわすCTPの出力は、RIPにて演算したデータから出力をしますので、最終的な解像度に違いはあるものの、その状態のデータからカンプ出力を行う事で、ネイティブデータからのカンプ出力では、チェックが難しかった箇所のチェックをする事が出来ます。
校正用のPDFについても同様です。

また、RIP済みデータが常に最終の修正が反映された状態になっていますので、校了後に再度DTPデータからの演算が不要になります。

デジタル検査ソフトを併せて使用し、修正箇所以外のところが変っていないか、ハードウェアエラー/ヒューマンエラーのチェックも行っています。

S.H

keyboard_arrow_up