スタッフブログ

「フェルメール 光の王国展」本日から開催です

今回は、昨年の秋頃からお手伝いをさせていただいた「フェルメール 光の王国展」の紹介です。
日本でもファンが多いフェルメールですので、ご存じの方も多いと思います。

この美術イベントは、一般的な美術館で見られる絵画とは違い、フェルメールが描いた350年前の色彩を求めて、最新のデジタル技術により「re-create」したものを展示しています。
このイベントで私たちは、画像処理による色再現とその印刷にあたってのカラーマネジメントの部分でお手伝いさせていただきました。

フェルメールが生涯で描いたとされる全37作品(諸説あるそうです)のすべてが並ぶということで注目されているのですが、それだけに様々な苦労がありました。
まず、すべての作品の画像データを揃えるだけでも大変なのでしょうけれども、その画像は、当然ながら撮影されたコンディションも品質も様々。
それらを、4年にわたって実際にフェルメールの作品を探訪した分子生物学者である福岡伸一氏の監修のもと350年前当時の状態を求めて修正・色再現しています。

詳しい概要については、以下のリンクを御覧ください。
http://www.vermeer-center-ginza.com/
2012年1月20日(金)~7月22日(日)までと長期間開催されていますので、ぜひご覧になってください。

T.I

keyboard_arrow_up