社長ブログ

年末のご挨拶まわり

2004年に会社を引継いで以来、お得意様への挨拶廻りを避けてきました。

理由は年末のお忙しいときに、お客様の仕事の手を止め場合によっては、応接室を押さえていただき、

わざわざ上着羽織って出てこられ時間を取っていただく。。。

たいした内容の話も出来ないのに。。。

「これほど申し訳無い事はない。仕事の邪魔以外の何物でもない」とさえ思っていました。

私自身も、用件が無いのに来られるのを嫌っていました。

「お客様にとって意味のある話が出来ないのであれば行くべきではない」

と考え、表敬訪問のハードルがどんどんあがってしまっていました。

挨拶廻りを逃せばお客様やお取引企業様と顔を合わせる機会の確保が難しいし。。。

などと、考えるうちに表敬訪問の意味や目的を調べたり考えたりするようになりました。

表敬訪問とは、日頃の感謝と敬意を表すということだから深く考えずノーアポで行けば良いのでは?

と考えるようになり、昨年から(社長になって12年も経って?)ようやく(今更?)行くようになりました。

まだまだ苦手意識は拭えませんが、お会いできたときに少しでも有意義なお話が出来るように日頃からの情報収集を欠かさないようにしたいと思います。

 

 

 

 

keyboard_arrow_up