感性と技術の「融合」

FUSION

色との戦い

01.設備の整理・メンテナンスの徹底

01.設備の整理・メンテナンスの徹底

機器設備の保守点検体制

デジタル化・CTP化の進展にともない、印刷機械の標準化、安定化がすべての品質管理の基本となるとの考えで、以下の3ポイントを重点的に実施しています。
・設備を含めた工場全体の清掃と点検
・計測機器を活用して数値で変動要因を管理する
・社内設備ごとのバラツキを最小化する

清掃の実施

毎日始業時30分機械清掃を実施しています。

スケジュールされた自主点検

毎日・毎週・毎月ごとの点検・清掃項目を機械項目ごとに決め、チェックシートを使用して実施しています。

定期的なオペレーターの教育

内部教育・外部講習を通して印刷機の保全に関する知識の共有と社内レベルの向上を図っています。

02.徹底した数値管理

02.徹底した数値管理

JapanColorに準拠した自社濃度基準に対して数値管理を徹底しています。
基準は、コート、マットなど用紙の種類に応じて設定しており、ドットゲインやドライダウンを想定しています。
徹底した数値管理により色校正と本刷りの差は極めて少なくなり、安心してご利用いただけます。

計測器

数値による品質管理は、そのほとんどが計測器を活用した数値管理を行っています。
作業場の温度・湿度はもちろん、色温度や照度も品質管理に適したものにするため、計測器を使った数値管理を行っています。
印刷の色管理は、印刷物の枠外にカラーパッチをつけ、分光式色調管理装置を用いて、社内基準とのブレがないように調整しています。

データベース

作業履歴をデータベース化することにより、作業時の設定数値を記録しています。
トレーサビリティだけだはなく、ノウハウの蓄積に繋がっています。

03.感性を磨く

03.感性を磨く

アーティストの活動支援

私たちはこれまでに多くのクリエイターやアーティストからのご要望にお応えしており、時にはコラボレーションや作品制作のお手伝いもさせていただいております。

クリエイター総合支援スペース「ダイムグラフィックスタジオ」は、最前線で活躍されるプロのクリエイターやアーティストの皆様に満足いただくダイムの技術を分かりやすくご紹介しています。「プロでなくとも印刷品質にこだわりたい」という皆さまに様々な印刷技術やそれを活用した多様な基材への印刷など、実際に触って・見て・感じることのできる総合支援スペースを目指しております。

クリエイターやアーティストと多くの関わりを持ってきた私たちは、常にその感性を磨き・磨かれており、今後も皆様の期待にお応えし続けていきます。

04.Japancolor認証取得

04.Japancolor認証取得

弊社は、標準印刷認証・マッチング認証・プルーフ運用認証の第一号認定企業です。

Japan Color認証制度は、ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて認証を行うものです。
従来、出来上がった印刷物の良し悪しは顧客の目によって決められており、明確な基準がない中で印刷物は作成されてきました。印刷物の発注者、デザイナー、カメラマンなどからの色再現の要求に、印刷会社は度重なる修正や刷り直しで対応しているのが実情です。
このような状況を生じているのは、印刷物作成に関しての標準的な基準がなく、認定する公の機関がないことが大きな要因となっています。
そこで、発注者が標準的な基準値で指定した色を、印刷会社で適切に再現できることを一般化し、不要な修正や刷り直しを削減するために、Japan Color認証制度がつくられました。
弊社は、「標準印刷認証」・「マッチング認証」・「プルーフ運用認証」の第一号認定企業であり、2019年にPOD機器を導入後は、「デジタル印刷認証」の取得に向けて取り組んでいます。

05.プロも認める最高品質

05.プロも認める最高品質

カラーマネージメントに関わる同業者からの年間ジョブ77%

私たちがご依頼いただいている全ジョブのうち8割に近いお仕事が、印刷関連の同業者からのご注文です。
プロでも苦労するような色への強いこだわりを持つお客様からのご期待に数多くお応えしています。

インライン検査装置

印刷機に搭載した3CCDデジタルラインスキャンカメラを使用し、鮮明な画像で検査を行います。
フィルターではなく、ダイクロイックプリズムによってRGBを分光するため、一般的に検出されにくい黄色にも確実に検査の目が行き届き、最小0.25mmの汚れも検出します。

ISO9001(QMS)、ISO27001(ISMS)の取得

品質マネジメントシステム ISO9001(QMS)と情報セキュリティマネジメントシステム ISO27001(ISMS)の認証を受けております。
マネジメントシステムで策定したマニュアルに基づき、日々の業務を運営し、定期的に監査を入れ、継続的な改善に取り組んでおります。

・安全で安心して働ける職場づくり
・品質改善へ全行程を挙げての継続的取り組み
・生産性を高め納期とコストでお客様に貢献する
これらの目的を達成するために継続的な改善活動を実施しています。

情報セキュリティと事業継続計画

受託した製品の製版・印刷工程は、原則社内にて仕上げることにより建物敷地からの流出を物理的に防ぎます。万一、生産能力上、製版・印刷を外部に委託する場合は、業務委託契約書による守秘義務契約を締結した協力会社に委託します。

keyboard_arrow_up