非通知の電話 誰からか分かる方法はあるの?アプリもご紹介

非通知の電話からの着信を受けたことはありませんか?

相手が誰だか分からない非通知の電話に出るのは、とても勇気がいりますし、とても不安になります。

実際に何か訳があって非通知で電話をかけてくるからには、悪意がないとも言い切れませんし、電話には出ない方がよいのかもしれません。

ここでは、非通知の電話が誰からか分かる方法があるのかどうかや、非通知の電話をブロックする方法などについてご紹介します。

また、着信があった番号が迷惑電話かどうかを確認する便利なアプリWhoscallについてもご紹介します。

非通知電話が誰からか分かる方法はある?

結論から先に言うと、非通知でかかってきた電話が誰からか分かる方法はありません。

そのため、悪意があってかかってくるかもしれない非通知電話の被害に遭わないように事前に着信拒否や電話番号を識別する方法を身につけておく必要があります。

着信拒否設定をせずに、うっかり非通知電話に出てしまうと、個人情報を知られてしまったり、何らかのアクシデントに巻き込まれてしまったりすることもあるので、十分注意が必要です。

悪質でなかったとしても、訳あって非通知で電話してくるということは、相手が電話番号を知られないように接触してきているので、警戒するに越したことはありません。

公衆電話からの着信は非通知?非通知で電話をかける方法

公衆電話からの着信は非通知?

公衆電話からの着信はどのような電話で受けても、非通知と表示されると思っている方がおられるかもしれませんが、公衆電話からの着信が非通知と表示されるのは、iPhoneだけです。

公衆電話からの着信を固定電話やAndroid系スマホで受けた場合には、機種によって異なりますが、「公衆電話」や「コウシュウデンワ」といった表示が出て、非通知扱いにはなりません。

非通知で電話をかける方法

なにか訳があって電話番号を相手に知られずに電話をかけたい場合があると思います。

そのような場合には、公衆電話からかけるのも一つの方法ですが、それ以外に、固定電話やスマホからでも非通知でかけることができます。

電話をかける相手の電話番号の前に「184」をつけるだけで固定電話やiPhone、Android系スマホ等、どの電話からでも簡単に非通知電話をかけることができます。

逆に、基本的に設定から「発信者番号通知」をオフにしている場合に、相手の電話番号の前に「186」をつけると、常に相手に自身の電話番号が通知されるようになります。

非通知の電話を拒否する設定方法

次にスマホと固定電話の非通知の電話を拒否する設定方法について記載します。

スマホの場合

スマホの場合、非通知の電話を拒否する設定は簡単です。

スマホの「設定」の「電話」項目から「不明な発信者を消音」を選択し、設定をオンにするだけで非通知の電話を拒否することができます。

電話の着信履歴には非通知設定の電話の履歴も残っているため、非通知の電話がかかってきたことを確認できます。

iPhoneの場合は、「おやすみモード」という機能を使えば、電話に出る相手を絞ることによって、選択していない電話番号からの着信があった電話(非通知電話含む)、その着信を拒否することができます。

「おやすみモード」は「設定」アプリから簡単に設定できるので試してみて下さい。

固定電話の場合

固定電話の非通知電話の着信を拒否する方法は2種類あります。

着信拒否をするには、「ナンバーディスプレイ」に加入している必要があります。
これには、毎月400円料金を払う必要があります。

ナンバーリクエストを使う方法

NTTが提供しているナンバーリクエストという、番号を通知してかけ直して下さいと音声で伝えてくれるサービスがあります。
こちらを申し込むことで非通知の着信を拒否することができます。
ナンバーリクエストの料金は住宅用の場合200円ですが、ナンバーディスプレイの料金も含めると毎月600円の費用がかかります。

電話機の着信拒否機能を使う方法

ナンバーディスプレイを契約していれば、電話機の非通知拒否機能を設定することでナンバーリクエストのサービスを使わずに非通知電話の着信拒否をすることができます。

この機能の設定は、電話の機種ごとに異なるため、お使いの固定電話の取扱説明書で確認して下さい。

迷惑電話を特定、ブロックするアプリWhoscall

Whoscall(フーズコール)は迷惑電話を特定し、ブロックすることができる非常に便利なアプリで、テレビでも紹介されたことがあります。

電話帳に登録されていない電話番号を、約16億件の登録された電話番号のデータベースをもとに識別し、相手の大まかな情報が分かるので迷惑電話やSMSの対策としても有効で、電話に出るべきか否かの判断がしやすくなり、不要な電話はスルー、ブロックできるアプリです。

Whoscall(iphone) ダウンロード

Whoscall(Andoroid)ダウンロード

まとめ

・非通知でかかってきた電話番号が誰からのものであるかを特定することはできません。

・非通知電話は公衆電話だけでなく、固定電話、スマホからでも相手の電話番号の頭に「184」をつけることで、すべての電話からかけることができます。

・スマホは設定アプリから簡単に非通知電話の拒否設定ができます。

・固定電話で非通知電話を拒否する場合には料金が発生してしまいます。

・迷惑電話を特定し、ブロックできるアプリとしてフーズコール(Whoscall)があります。

タイトルとURLをコピーしました