流せるトイレブラシが詰まる? その原因と対処法は?

流せるトイレブラシは、1回使ったらブラシ部分をトイレの便器に流すことができるトイレブラシのことです。

流すことができるのは、先端のトイレブラシ部分のみで、柄の部分は当然のことながら流すことはできません。

ワンタッチでトイレブラシを取り外せるタイプのものもあり、手を汚さずにトイレ便器内に流すことができます。

トイレに流すことができるのは、ブラシ部分が特殊な不織布などの素材でできているため、水に浸すと分解してほぐれるためです。

さらにブラシには洗剤が染み込ませてあるため、洗剤を使わずにそのまま掃除することができます

このように流せるトイレブラシは、トイレ便器内に流せることが特徴ですが、トイレに流すと詰まることがあるようです。

ここでは、流せるトイレブラシが詰まる原因と詰まった時の対処法についてご紹介します。

流せるトイレブラシが詰まる原因

流せるトイレブラシは、水で分解される特殊不織布などの素材でできているため、水に浸すと分解してほぐれ、便器に流すことができるようになっていますが、詰まりを起こす場合があります。

1度に大量の流せるトイレブラシを流す

流せるトイレブラシを何個もまとめて流したり、トイレシートやトイレットペーパーと一緒に流したりすると詰まることがあります。

トイレットペーパーでも、一度にたくさんの量を流すと詰まることがあるのと同じことです。

このため、流せるトイレブラシは1個ずつ流すようにしましょう。

トイレの水量が少ない

一般家庭の洋式トイレにはタンク式トイレとタンクレストイレ(節水トイレ)があります。

一般家庭で古くから使用されているトイレは、タンク式トイレです。

便器の後ろに貯水タンクが設置されており、そこに一定量の水を貯めておき、レバーを回すことで、排水するようになっています。

タンク式トイレでは、流せるトイレブラシをまとめて大量に流さない限り詰まることはありません。

これに対して、タンクレストイレは、水量がタンク式トイレの半分くらいしかありません。

また、名前の通り貯水タンクがないのが最大の特徴で、水道に直接つながっているので、水圧が低いと詰まりやすくなります。

流せるトイレブラシは、水で分解してほぐれるようにできているため、十分な水量がないと、ほぐれるまでに時間がかかってしまい、ほぐれる前にトイレ便器内で詰まる場合があります。

タンクレストイレでの掃除では、流せるトイレブラシの使用は控えた方が無難です。。

次に、流せるトイレブラシがトイレで詰まった時の対処法についてご紹介します。
[ad#ad-01]

流せるトイレブラシがトイレで詰まったら?

トイレの詰まりは、ほとんどの場合、ラバーカップ(俗称:スッポン)で解消することができます。

ラバーカップはオームセンターや100均でも販売されています。

ラバーカップは、トイレ便器内に水がないと効果を発揮できません。

ラバーカップでトイレの詰まりが解消する仕組みは、カップの中の空気を真空状態にして、引っ張ることで封水(ふうすい)を持ち上げるというものです。

一気にラバーカップを便器の穴に押し込むのではなく、ゆっくりと水の中に押し込んで、真空状態を作らなくてはいけません。

ここで、封水(ふうすい)とは、洋式トイレに溜まっている水のことをいいます。

トイレの排水管は下水道までつながっているため、何かでフタをしておかないと臭いや虫が上がってくるので、封水がフタの役目を果たしています。

便器内の水が足りない場合は、バケツで水を汲んで、ラバーカップが浸るくらいまで便器に水を入れます。

ラバーカップは押すのでなく、引くときが重要です。先端のカップの中が真空状態になるように、カップ内の空気を逃がしてから、一気に引きます。

もし、ラバーカップを使用しても、トイレの詰まりが解消できない場合は、業者さんに依頼してください。

まとめ

流せるトイレブラシが詰まる原因は2つあります。

1度に大量にトイレブラシを流したり、トイレットペーパーと一緒に流したりすると詰まる場合があるので、ブラシは1個ずつ流しましょう。

タンクレストイレ(節水トイレ)では、タンク式トイレと比べて水量が少なく、また、水圧が低いと詰まることがあるため、流せるトイレブラシは使用しないのが無難です。

流せるトイレブラシが詰まってしまったら、ラバーカップで詰まりを解消しましょう。

タイトルとURLをコピーしました